*

実はノンシリコンシャンプーは髪に悪い?!

公開日: : 美容と健康

シャンプー

実はノンシリコンシャンプーは髪に悪い?!

「ノンシリコンシャンプー」という名前のものをよく見かけることがあると思いますが、髪に悪いとされているのはコーティング剤であり、シリコンだけではないということをご存じでしたか?
「じゃあなぜノンシリコンシャンプーがよくないと言われてるの?」って思う方もいると思うので、簡単に説明していきます。

そもそもノンシリコンという言葉は製造側が作り出したものです。某メーカーのシャンプーにシリコンが多く配合されていて、ブリーチやカラーをしてムラになるなど支障をきたすとされ、美容師業界の間ではあまり好ましくなく思われていました。まぁ問題なのは、使用している人の洗い流し方が不十分なだけっていう可能性もありますが。そこに目を付けたのがライバル社で、「シリコンは悪だ!髪が呼吸できなくなりハゲる!頭皮にもよくない!」のようなことをうたい文句にし、発売しました。「何かを蹴落とすことでしかそのモノの価値を見出せないモノに最初から価値などない」と思っておいた方がいいかもしれません。PR効果を高めるために、色々な企業がよく行われている常套手段です。また「シャンプーは汚れを落とすもの!コーティングするものではない!頭皮や髪にもよくない!」と言っているのに、なぜでしょうね。「ノンコーティング」とPRせずに、なぜか「ノンシリコン」とPRされています。そして、なぜ一番安全なシリコンを悪だと言い、他のコーティング剤が配合されているのでしょう。またシャンプーにシリコンが配合されていなくても、トリートメントにしりこんがたっぷり配合されているものもあります。

皆さんもご存じかと思われますがシリコンは、医療品、ベビー用品、生理用品、化粧品等の色々な日用品に使われている安全な成分です。今は「シリコンは悪だ!」みたいな流れになっていますが、実はダメージヘアに対する
補修能力は本当にピカイチなんですよね。重度のダメージヘアの方、枝毛が気になる方、切れ毛の多い方に、シリコンが配合されたシャンプーかトリートメントがおすすめです。髪が呼吸できないようなことも言われていますが、髪の毛すべてを包み込むわけではないので、ちゃんと呼吸できるというのが正しいですね。シャンプーにシリコンが配合されているかは関係なく、ちゃんと洗い流さないとフケやかゆみ等の原因になるので、シャンプーやトリートメントはちゃんと洗い流すようにしましょう。

それでもノンシリコンがいいという方もいるでしょうが、ノンシリコンだからといってすべてが安全でないことを頭の中に入れておいてください。製造側が作り出した「ノンシリコン」という言葉に騙されないようにしましょう。

おすすめはアミノ酸系、ベタイン系などの両性界面活性剤をつかったシャンプーです。髪や頭皮に優しいベビーシャンプーには、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEAなどが使用されています。

まぁ一番安全なシャンプーは、「子供が口に入れても大丈夫」なベビー用シャンプーであることは確かですが。

オイラはお肌が強くないので、「0-five」というプロピアのシャンプーを使っていますが、匂いも洗い上がりもスッキリでとても気に入っています∩。・ω・。∩

0-five

「0-five」をチェックする。
アマゾンでチェック楽天でチェック

 

ad

関連記事

炭酸

炭酸で痩せてキレイになろう

炭酸で痩せてキレイになろう   Q1:骨が溶けるって聞いたけど

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

PAGE TOP ↑